ソフトバンクで活躍した田上秀則さんを叔父に持つ田上奏大選手は、投手として最速151キロをマークする素材型の選手!

 

履正社高校では開花できませんでしたが、伸びしろが期待できる逸材として注目されます。

 

今回は、履正社高校のドラフト候補・田上奏大選手に注目しました。

Sponsored Links

田上奏大選手のプロフィール

田上奏大(たのうえ そうた)選手は大阪府大阪市出身。

 

身長185cm、体重83㎏、右投げ左打ち。

 

田上奏大選手は、大阪市立敷津浦小学校2年から野球を始め、小学校6年の時に来田涼斗選手らとともに、オリックスバファローズジュニアに選出されています。

 

大阪市立住之江中学校時代は西成ボーイズでプレー。

 

中学校卒業後は履正社高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年春の選抜大会では、初戦の星稜高校戦に代打で出場しましたが、奥川投手に三振を奪われています。(初戦敗退)

 

2年夏の大阪大会は、初戦の池田高校戦に代打で出場して三振に終わり、その後は出場機会なく、終わっています。(履正社高校は大阪大会優勝)

 

田上奏大選手は続く、2年夏の甲子園大会でもベンチ入りを果たしましたが、出場することなく、甲子園を後にしています。(履正社高校は甲子園大会優勝)

 

田上奏大選手は2年秋の新チームから出場機会を増やし、7番センターで起用された2年秋の近畿大会では、初戦の綾羽高校戦で3打数1安打、準々決勝の京都翔英高校戦で2打数ノーヒットの成績を残しましたが、準決勝の天理高校戦では出場せず、試合も9回サヨナラで敗れています。

 

3年夏の大阪独自大会前の大分商業高校と智弁和歌山高校との練習試合で、投手として登板し、最速151キロをマークし、ドラフト注目選手に浮上!

 

しかし、3年夏の星稜高校との甲子園交流試合では、出場することなく終わっています。

 

 

田上奏大選手は、投手として最速151キロ、野手として遠投110mの強肩を持つ素材型の選手。

 

50m走は6秒4。

 

田上奏大選手の動画はコチラ

田上奏大選手のスカウト評

中日・中田宗男スカウト顧問(2020/8/15付)

「センターからのバックホームはビックリするような球を投げる。練習試合の登板を2度見た。簡単に150キロを出すんだ。打撃を含め、すべてが素材の選手」

最後に

ポテンシャルは高いものの、実績が少ない田上奏大選手ですが、育成ならばドラフト指名の可能性はあると見ます。

 

履正社高校では出場機会に恵まれませんでしたが、プロが好みそうな選手でしょう。

 

ドラフトで指名されるといいですね。

Sponsored Links