天理高校の達孝太投手は、長身から投げ下ろす角度のある直球が魅力の本格派右腕!

 

2021年ドラフト候補の中でも、素材としてはトップクラスの逸材でしょう。

 

今回は、天理高校のドラフト候補・達孝太投手に注目しました。

Sponsored Links

達孝太投手のプロフィール

達孝太(たつ こうた)投手は2004年3月27日生まれ。

 

大阪府堺市出身。

 

身長193cm、体重88㎏、右投げ右打ち。

 

達孝太投手は、堺市立浜寺昭和小学校4年から高石スワローズで野球を始め、堺市立浜寺南中学校では泉州阪堺ボーイズでプレー。

 

中学卒業後は天理高校に入学し、1年夏からベンチ入り。

 

1年夏の奈良大会は、準々決勝の大和広陵高校戦で5番手で登板し、2回2安打2四死球無失点の成績を残しています。(準々決勝敗退)

 

1年秋の近畿大会は、決勝の大阪桐蔭高校戦に公式戦初先発して、7回5安打4四死球4奪三振4失点の力投を見せ、天理高校の優勝に貢献!

“隠れた大器”がチームを勝利に導いた。公式戦初先発となった背番号「19」の達孝太投手(たつ・こうた=1年)が強力打線相手に真っ向勝負を挑んだ。2―0の初回2死から西野にソロ本塁打を許したが、その後は付け入るスキを与えない投球を披露。「思ったより(バットを)振ってこなかった」。相手の傾向を見極めると1メートル92の長身から、ゆったりとしたフォームで投げ下ろす最速141キロ直球を軸に、カーブ、スライダー、フォークで徹底的に打者のタイミングを外した。

出典 スポニチ

 

しかし、続く1年秋の明治神宮野球大会準決勝の中京大中京高校戦では、先発して7回5安打7四死球1奪三振、自責点5と崩れ、試合も相手投手陣に完封され、大敗しています。

 

2年夏の広島新庄高校との甲子園交流試合では、2番手で登板して1回ノーヒット2奪三振無失点の好投を見せています。

 

2年秋の奈良大会は、決勝の智弁学園高校戦で9回9安打9奪三振2失点の好投で、天理高校の近畿大会出場を牽引!

 

続く、2年秋の近畿大会は、初戦の乙訓高校戦で9回5安打1四死球13奪三振1失点完投と力投しましたが、準々決勝の大阪桐蔭高校戦では、7回11安打3四死球10奪三振11失点と打ち込まれ、7回コールドで敗れています。

エース達は前日、2-1で接戦で完投した乙訓(京都2位)戦からの連投。大阪桐蔭から10三振を奪いながら、11安打を浴び、11点を失った。フォークでカウントを整え、フォークで打ちとるなど変化球の精度に手応えを感じつつ「真っすぐありきの変化球ですから」。現在の最速は145キロだが「もっと真っすぐを磨きたい。具体的には150キロ出て、回転数を上げて、打者の手元で走る球を投げられるようにしたいです」と話した。大阪桐蔭については「次に機会があるとすれば来年ですけど、その時があれば絶対に無失点に抑えたいです」と負けん気をのぞかせた。

出典 日刊スポーツ

 

 

達孝太投手は、長身から投げ下ろす最速146キロの直球にフォーク、スライダー、カーブ、カットボールなどの変化球を織り交ぜる右腕投手。

 

達孝太投手の動画はコチラ

達孝太投手のスカウト評

中日・山本チーフスカウト補佐(2020/8/11付)

「去年より良くなっている。あれだけ身長、角度があって、肘を柔らかく使えるし、バランスもいい。もう一冬越えたら、もっと良くなる。順調に伸びれば、来年上位候補に挙がってくるのでは」

 

阪神・山本スカウト(2020/11/15付)

「身体的な魅力も感じるし、来年に向けて楽しみな逸材。下半身も一冬を越して鍛えられたらますます球速も出てくると思う」

 

ロッテ・三家スカウト(2021/2/22付)

「まだこの時期ですが、球自体、すごくいい球を投げています。あれだけ身長がある。キレイでバランスのいい投げ方。関節も柔らかい。今年すごく楽しみな選手です」

 

オリックス・谷口スカウト(2021/2/28付)

「(球に)角度があるし、楽しみな素材」

 

オリックス・谷口スカウト(2021/3/3付)

「角度があるし、楽しみな存在。腕も長いから打者もタイミングがとりづらい」

最後に

1年の時に高校卒業後、すぐにメジャーを目指す発言をしたことからも、達孝太投手はメジャー志向があるようですね。

 

しっかりと自分の目標を口にできることは、素晴らしいことだと思います。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links