今年の大学生のドラフト候補で、走攻守3拍子揃った選手といえば、立命館大学の辰己涼介選手です。

 

今回は辰己涼介選手に注目してみました。

辰己涼介選手のプロフィール

 

辰己涼介(たつみ りょうすけ)選手は、1996年12月27日生まれの21歳。

 

兵庫県神戸市出身。

 

身長180cm、体重72㎏、右投げ左打ち。

 

辰己涼介選手は、藤原台小学校1年から神戸北リトルで野球を始め、小学校3年からは大淀ボーイズに所属していました。

 

有野中学校時代は神戸三田ドジャースで投手・遊撃手・外野手でプレー。

 

社高校では1年夏から外野手となり、1年秋からベンチ入りし、2年春からレギュラーとして起用されています。

 

3年夏の兵庫大会では、準決勝の神戸国際大付属高校戦に完封負けを喫し、甲子園に出場することはできませんでした。

 

立命館大学入学後は1年春のリーグ戦中盤からレギュラーとなり、2年秋・3年秋・4年春とベストナインに選ばれています。

 

辰己涼介選手は、春終了時点でリーグ通算104安打に6本塁打のパンチ力を備えた好打者で、50m走5秒7の俊足に加え、遠投120mを誇る走攻守に優れたプレイヤーです。

 

辰己涼介選手の動画はコチラ

辰己涼介選手のスカウト評

ヤクルト・橿淵スカウトグループデスク(6/12付)

「肩と足はトップレベルと見ていて、きょうのようにいい所でタイムリー、それもレフトオーバーが打てるパンチ力もついてきた。攻守走で糸井(阪神)タイプに成長する素材」

 

中日・米村チーフスカウト(6/12付)

「3拍子揃った野手の1位候補に入る。きれいな形とかにとらわれずにチームのためにという、精神的な面での姿勢が表れるようになっている」

 

オリックス・内匠スカウト(6/12付)

「(一塁到達タイムが3秒47を計測したことに対し)プロの選手でも速くて3秒6か7。プロでも聞かない、すごい数字だと思うよ」

 

阪神・熊野スカウト(6/12付)

「走攻守の3拍子が高いレベルでそろっている。評価が上がるね。上位じゃないと取れない」

「ゾーンに来ると、タイミングがずれても打てる技術を持っている。高いレベルで走攻守がそろった選手はなかなかいない。非凡だし、欲しい選手」

 

オリックス・長村裕之球団本部長兼編成部長(6/12付)

「走攻守全てにおいて高いレベルにある。肩も強い。そういう意味ではイチローみたいなタイプ。打撃を見てイチローというわけではなく、全体的にレベルが高いという意味で。広角に打てるし、力強さと器用さがある。大学生の野手ではトップレベル。」

 

楽天・長島哲郎スカウト部長(6/12付)

「脚力と肩の強さは(西武の)秋山に近い。スピードがあって飛距離が出れば秋山みたいに1、3番を打つような選手になる可能性はある。1軍のレギュラーを奪える能力はある。」

 

日本ハム・大渕隆スカウト部長(6/12付)

「リストが強く、素晴らしい。守備と足もあるので、補強ポイントが合う球団によっては1位でいくところもあるのではないでしょうか。1軍ですぐやれる力を持っている。」

Sponsored Links

最後に

辰己涼介選手はつかみどころのないキャラクターと評判の選手!

 

ドラフトでは外れ1位か2位には指名されそうですね。

 

【追記】

辰己涼介選手は、楽天にドラフト1位で指名されました。

 

楽天・愛敬尚史スカウトのコメント

肩と足が魅力の選手です。田中選手と2人で外野陣を引っ張っていけると考えています。
ここにオコエ選手が加わって、また競争になってオコエ選手にも頑張ってもらって、若い選手が(一軍に)あがっていったら日本一の外野陣になると思っています。

 

辰己涼介選手は、11月9日、京都市内で入団交渉に臨み、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)でサインしています。

 

また、11月22日に、仙台市内で2019年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 新入団選手発表会見が行われました。

 

辰己涼介選手のコメント

本当にこれほど(ドラフト1位指名)の評価をいただけて嬉しく思っていますし、楽天イーグルスのユニフォームを着て少しでも早く野球がしたい、もうその気持ちだけです。

 

走攻守すべてにおいて高いレベルのアピールをしていきたいと思っています。
背番号7に関しては、過去につけられていた山崎武司選手、松井稼頭央選手のように楽天イーグルスの先頭に立っていけるような選手になってもらいたいという期待が込められていると受け止めていますので、1年目から本当にアピールして、チームの顔と呼ばれる選手になれるようにやっていきたいと思ってます。

出典 東北楽天ゴールデンイーグルス

Sponsored Links