姫路南高校の照峰賢也投手は、最速143キロを誇る荒れ球の長身左腕!

 

高校での登板実績は少ないものの、ドラフト候補として注目されています。

 

今回は姫路南高校の照峰賢也投手に注目してみました。

Sponsored Links

照峰賢也投手のプロフィール

照峰賢也(てるみね けんや)投手は、兵庫県赤穂市出身。

 

身長181cm、体重81㎏、左投げ左打ち。

 

照峰賢也投手は、赤穂市立坂越小学校から野球を始め、赤穂市立坂越中学校時代は軟式野球部でプレーしていました。

 

中学校卒業後は姫路南高校に進学。

 

2年夏の西兵庫大会では、2回戦の白陵高校戦で2番手で登板して1回ノーヒット無失点の成績を残しましたが、4回戦の明石商業高校戦では登板機会がなく、試合も1対6で敗れています。

 

2年秋の兵庫大会では、2回戦の明石商業高校戦で先発しましたが、4安打しか打たれなかったものの、10四死球を与える乱調で8回途中で5点を奪われ降板しています。

プロ注目左腕の姫路南・照峰賢也投手(2年)が2回戦で散った。力強い投球で3回まで無安打に抑えるも、4回に先頭打者に二塁打を許すと四球もからみ、一気に逆転を許した。「スタミナ、持久力不足です」と足がつった8回途中で降板。被安打4ながら四死球10を与え「もっと大胆に自信を持っていけばよかった。それができなかった」と肩を落とした。

照峰は身長181センチの長身左腕。今夏の登板はなかったがこの秋までに急成長し、昨冬から最速は5キロ上がり136キロに。「カウントが悪くなっても自信を持って投げられる球を作る。体力と精神的な部分、本当にやることは多いです」と一冬越えて、頼もしくなった姿を春に見せる。

出典 日刊スポーツ

 

3年春の兵庫大会では、準々決勝で社高校と対戦して、8四死球を与えるものの、9回1安打12奪三振3失点と好投しています。

姫路南がサヨナラ勝ちで、5年ぶりの春4強進出を決めた。プロ注目左腕・照峰賢也投手(3年)はスカウト8球団が視察する中、9回1安打12奪三振の好投だった。

2回表、先頭打者に死球を与え2死1塁とすると「直球が高めに浮いた」と先制2ランを被弾。しかし、許した安打はこの1安打のみ。4回に失策が絡み1失点したが、以降は「四死球出してから要所を締められたのが、3点で収まったのかなと思います」と球威ある直球とチェンジアップを駆使し、三振の山を築いた。

昨秋は県大会2回戦で明石商に1-5で敗退。照峰はこの試合、8回途中で足がつり、被安打4も10四死球5失点で降板した。吉本純也監督(45)も「スコアブックの四死球をなくそうと話しました」。冬は制球力と食事面の見直しに取り組んだ。「1日に必要な炭水化物などの栄養素をしっかり取りました」と冬の間に体重は74キロから81キロに増加。この試合は8四死球も「四球が多かった中でも球威が落ちることなく攻めることができた。冬にやってきたことはまちがいじゃなかった」と体力向上の手応えを口にした。

出典 日刊スポーツ

 

 

照峰賢也投手は、最速143キロの速球にチェンジアップ、スライダーなどの変化球を持つ長身左腕。

 

四死球が多すぎるのが気になりますが、三振を多く取れるということは腕の振りがいいのでしょうね。

 

照峰賢也投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

照峰賢也投手は、まだ実績が少なく、素材型という感じですね。

 

もう少し、コントロールの不安を払拭し、球速が上がってくると楽しみな投手となってきそうです。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links