初の甲子園出場を決めた長野県の飯山高校は、飯山照丘高校・飯山南高校・飯山北高校の3校が統合された公立高校!

 

この飯山高校はスキー部が全国レベルで、卒業生には2018年平昌オリンピックで女子スキージャンプ代表だった岩渕香里選手がいます。

 

そんな飯山高校で、2年生ながら、既にドラフトで注目されているのが常田唯斗投手です。

 

今回は、飯山高校の常田唯斗投手に注目してみました。

Sponsored Links

常田唯斗投手のプロフィール

常田唯斗(ときだ ゆいと)投手は、長野県飯山市出身。

 

身長181cm、体重72㎏、右投げ右打ち。

 

雪深い土地で育った常田唯斗投手は、小学校時代に野球を始めていますが、スキーでも実績を残していたようですね。

 

飯山市立城南中学校時代は飯山シニアでプレーし、父親が主将を務めた飯山北高校の統合校である飯山高校に進学!

 

飯山高校では1年からベンチ入りを果たし、1年夏の長野大会3回戦の松商学園高校戦で3番手として登板して、2回3安打無失点の成績を残しています。

 

2年夏の長野大会は、3回戦の東京都市大塩尻高校戦で先発して7回4安打3四死球7奪三振2失点、準決勝の上田西高校戦で先発して7回4安打5四死球5奪三振無失点、公立校同士の決勝戦となった伊那弥生ケ丘高校戦で2番手で登板して4.1回6安打1四死球4奪三振無失点に抑え、バッターとしても延長10回サヨナラヒットを放ち、飯山高校の優勝に貢献!

延長10回2死一、三塁。打席には6回途中からロングリリーフの常田。初球、伊那弥生ケ丘の抑え富永悠斗投手(3年)のスライダーが外れ、2球目もボール。打者有利のカウントから、3球目はストレートがやや甘く入った。

常田はバスターの構えから、コンパクトなスイングでとらえる。打球は中前へ。三塁走者の倉科勇雅捕手(3年)が跳びはねながら甲子園を決めるホームイン。ベンチ入りメンバー唯一の2年生は「3年生とハグしたり、喜びあったり、本当にうれしかったです。僕以外はみんな3年生ですが、みんな良くしてくれて。このチームで甲子園に行けてうれしいです」と、笑った。涙はない

出典 日刊スポーツ

 

 

常田唯斗投手は、スキーで鍛えた強い足腰に、肩肘が柔らかいと将来性を期待されている投手。

 

最速145キロの速球に、スライダーやチェンジアップなどの変化球を織り交ぜる右腕ですが、コントロールに不安が残ります。

Sponsored Links

常田唯斗投手のスカウト評

セ球団北信越担当スカウト(2019/7/24付)

「雪深い土地で生まれ育った常田は小学生時代、スキーをやって足腰を鍛えた。下半身が強い上に肩肘の関節もやわらかく、来年はドラフト候補に入ってくる。この夏、さらに成長する可能性を秘めています。ローテは3年生左腕の岡田恵太と2人で回すため、地方の無名校だとなめてかかると、痛い目に遭うかもしれません」

最後に

常田唯斗投手はイケメンと評判の投手なので、甲子園で活躍すれば人気が出そうですね。

 

また、球質も良いそうなので、ドラフト候補としても期待できそうです。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links