大手前高松高校の内田悠太投手は、2020年の四国を代表する右腕投手!

 

身長175cm、体重66㎏の細身の投手ながら、既に最速147キロをマークしており、体ができてくれば、150キロの大台も望めます。

 

今回は、大手前高松高校のドラフト候補・内田悠太投手に注目してみました。

Sponsored Links

内田悠太投手のプロフィール

内田悠太(うちだ ゆうた)投手は2002年9月17日生まれ。

 

香川県高松市出身。

 

身長175cm、体重66㎏、右投げ右打ち。

 

内田悠太投手は、小学校2年から国分寺北部野球スポーツ少年団で内野手として野球を始め、高松市立国分寺中学校時代は軟式野球部でプレー。

 

中学校1年の終わりの練習試合から投手をスタート!

「無死満塁」から始まった投手人生だ。小2から野球を始め、初めて実戦のマウンドに上がったのは中1終わりの練習試合。「投げるピッチャーがおらんから」と、無死満塁で突然の登板。このピンチを無失点で切り抜け「そこからピッチャーが面白い、と思えるようになった」と、漫画の主人公のようなスタートを切った。

出典 デイリー

 

中学卒業後は大手前高松高校に入学し、1年秋から背番号9を付け、ベンチ入り。

 

2年夏の香川大会は、1回戦の高松東高校戦に先発して6回3安打1失点、2回戦の寒川高校戦で3番手で登板して5.1回を3安打1失点、準々決勝の尽誠学園高校戦で4番手で登板して2回1安打無失点と好投しましたが、準々決勝で敗れています。

 

エースとなった2年秋の香川大会は、決勝の尽誠学園高校戦で3番手で登板し、5回6安打2四死球1奪三振3失点の成績を残しましたが、3対5で敗れ、準優勝に終わっています。

 

続く、2年秋の四国大会は、初戦の城東高校戦に先発して9回8安打6四死球5奪三振6失点完投しましたが、試合は4対6で敗れています。

 

また、2年秋の四国大会後に行われた星稜高校との練習試合では、内山壮真選手を見逃し三振で仕留めるなど7回6安打4四死球5奪三振2失点に抑える好投を見せています。

 

 

内田悠太投手は、最速147キロの直球にスライダー、カーブ、カットボール、ツーシーム、チェンジアップを織り交ぜる細身の右腕投手。

 

内田悠太投手の動画はコチラ

最後に

ドラフト候補として注目されている内田悠太投手ですが、まだ体が細いので、大学や社会人に進む方がいいと思います。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links