U-18高校日本代表第1次候補として、愛産大三河高校の上田希由翔選手が選出されました。

 

上田希由翔選手は、二刀流選手のようですね。

 

今回は、愛産大三河高校の上田希由翔選手に注目しました。

Sponsored Links

上田希由翔選手のプロフィール

上田希由翔選手は愛知県岡崎市出身。

 

読み方は「うえだ きゅうと」と読むそうです。

 

身長182cm、体重85㎏、右投げ左打ち。

 

上田希由翔選手は、小学校の時に岡崎JS(ジュニアベースボール)クラブ で野球を始め、岡崎市立南中学校時代は幸田ボーイズ に所属していました。

 

中学校卒業後は、愛産大三河高校に進み、1年からベンチ入り。

 

1年秋の新チームからファーストのレギュラーをつかみ、1年秋の愛知大会準々決勝の大府高校戦では先発として登板し、準決勝の中京大中京高校戦でも2番手で登板しています。

 

愛知大会準優勝で出場した1年秋の東海大会は、4番ファーストで出場し、1回戦の常葉大橘高校戦で3打数1安打の成績を残しましたが、試合は1対2で惜敗しています。

 

2年夏の東愛知大会は4番ファーストで出場して、2回戦の国府高校戦で5打数3安打3打点、3回戦の東海南高校戦で4打数2安打2打点、4回戦の杜若高校戦では打者として3打数2安打2打点、投手として5回4安打8奪三振完封(5回コールド)、準々決勝の日本福祉大付属高校戦で4打数3安打5打点、準決勝の刈谷高校戦で本塁打を含む4打数2安打2打点と活躍!

準決勝では初回、センターへ先制2ランを放り込みました。プロの球場より広い126メートル先のバックスクリーンへ、高校通算8本目となる一発。櫻井春生監督が「ボールがかわいそうなぐらい飛ばす。逆方向へも打てる。教えられてできる打撃ではない」と舌を巻くほど。まだ2年生ですが、県下屈指のバッターとして評判です。

豪快かつ穴のない打撃の基礎は、元ドラゴンズ戦士の指導で培われたといいます。上田が小学校高学年から週1日、3年ほど通っていたのが、森章剛氏(元中日ほか・現女子プロ野球愛知コーチ)が主宰する野球塾。「スイングで体が前に突っ込んでいた。軸足が倒れないよう、タメをつくることを教わった」(上田)とのこと。現役時代は「ショーゴー」の登録名で親しまれた師ばりの強打につながっています。

ファーストネームの「希由翔」は「きゅうと」と読みます。本人いわく「母の命名と聞いているが、由来をしっかり聞いたことはない」とも。発音は“キュート(cute)”を連想させますが、182cm・85kgと体格がよく、その打撃は相手にとってキュートどころか恐怖。中学3年時は左手首骨折で手術を余儀なくされ、苦境を乗り越えた経験ももっています。

出典 中日新聞プラス

 

そして、決勝の西尾東高校戦でも3打数1安打1打点と活躍し、愛産大三河高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会では、1回戦で横浜高校と対戦し、上田希由翔選手は4打数2安打をマークしましたが、試合は横浜高校投手陣に完封を許し、0対7で敗れています。

 

2年秋の愛知大会は、2回戦で西尾東高校に3対5で惜敗。

 

2年12月に、上田希由翔選手は石川昂弥選手(東邦高校)や山田紘太郎投手(西尾東高校)らとともに愛知選抜に選ばれ、オーストラリア遠征を経験!

 

オーストラリア遠征では4番で起用され、5試合で3本塁打をマークしています。

 

 

上田希由翔選手は、がっしりした体格の強打の内野手。

 

投手としても、140キロ近いスピードを誇り、肩の強さもあります。

 

守備位置がファーストとなっていますが、投手ができるので、外野など他のポジションをこなせる可能性はありそうです。

 

上田希由翔選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

上田希由翔選手は二刀流選手なんですが、守備位置がファーストになっているのが、微妙なところ。

 

ファーストでは、本塁打を量産するなどしていかないと、ドラフトでの指名は厳しいかも知れません。

 

U-18高校日本代表第1次候補合宿で刺激を受けて、成長してほしいですね。

Sponsored Links