京都国際高校の上野響平選手は、守備がウリのショート!

 

打撃が課題のようですが、3年春の京都大会準決勝では、決勝点となるタイムリーヒットを放ち、成長しイェイるようですね。

 

今回は、京都国際高校のドラフト候補・上野響平選手に注目してみました。

Sponsored Links

上野響平選手のプロフィール

上野響平(うえの きょうへい)選手は大阪府貝塚市出身。

 

身長170cm、体重65㎏、右投げ右打ち。

 

上野響平選手は友人から誘われ、小学校1年の時に貝塚スポーツ少年団西地区で野球を始め、小学校5年生の時にショートから捕手に転向!

 

中学時代は貝塚シニアでショートとしてプレーし、中学3年生の時に日本リトルシニア日本選手権大会に出場しています。

 

中学校卒業後は、京都国際高校に進んでいます。

全国大会に出場した上野の元には強豪校からいくつかの誘いが来ていた。最終的に甲子園に何度も出場している地方の強豪校と京都国際で迷ったが、熱心に誘われていた京都国際に進学。まだ甲子園には出ていない学校だが、「こういうところに行った方が自分のためにもなる」とそのことも前向きに捉えていた。

実際に京都国際に入学した感想を上野はこう語る。「グラウンドの環境はそこまで整っていませんが、練習内容や監督の教え方が上手いのでここでよかったと思っています」。グラウンドは白土で広さもそれほどない環境だが、個々の能力を高めていく小牧憲継監督の指導が水に合っていた。

出典 高校野球ドットコム

 

京都国際高校では1年春からベンチ入り。

 

1年夏の京都大会では3番ショートで出場し、2回戦の宮津高校戦で2打数ノーヒット、3回戦の京都府工業高校戦で4打数ノーヒットに終わりましたが、6番に下がった4回戦の西城陽高校戦では5打数1安打1打点を記録しています。(4回戦は4対6で敗戦)

 

2年夏の京都大会では3番ショートで出場し、2回戦の京都文教高校戦で5打数2安打2打点1盗塁、3回戦の京都共栄高校戦で4打数2安打、4回戦の花園高校戦で5打数ノーヒット、7番に下がった準々決勝の塔南高校戦で4打数1安打、準決勝の立命館宇治高校戦で3打数2安打の成績を残しましたが、延長10回に5点を奪われ、準決勝で敗れています。

主力としての自覚を持って臨んだ2年夏は4強に進出。夏の戦いを上野はこう振り返る。「疲労が凄かったので自分の体力のなさを気付かされた大会でした」。2018年の夏は全国的に記録的な猛暑に見舞われた。さらに勝ち進むごとに緊張感が高まる中で、戦いを重ねた上野の身体は悲鳴を上げていた。

準決勝の立命館宇治戦は、同点の9回裏二死二塁という場面で上野は二塁走者に立っていたが、第二リードの取り方が甘く、安打で本塁を狙うも憤死。サヨナラのチャンスを逃した京都国際は10回表に5失点を喫し、夏の戦いを終えた。あの場面は「普段の取り組みがまだまだだと、終わってから反省してしまったのでそこは心残りです」と悔いの残るプレーだった。

出典 高校野球ドットコム

 

上野響平選手は2年秋の新チームからは主将となり、2年秋の京都大会決勝で福知山成美高校に敗れたものの、近畿大会に出場!

 

2年秋の近畿大会1回戦の明石商業高校戦では1番ショートで出場し、3打数1安打2四死球を記録しましたが、試合は4対6で敗れています。

 

3年春の京都大会準決勝の龍谷大平安高校戦では、4球団のスカウトが視察する中、決勝点となるタイムリーを放つ活躍を見せ、京都国際高校の決勝進出に貢献しています。

もつれにもつれた試合に決着をつけたのは、プロも注目する上野響平内野手(3年)の一打だった。小牧憲継監督に「守備は(京都国際OBのプロ野球・広島)曽根より全然うまい。プレーの精度が違う。相当、レベルは高い。プロでも2軍なら一番うまいぐらいじゃないか」と言わしめる存在。11回2死二、三塁の好機に、相手投手の抜けた変化球を逆らわず右中間へ。2人を生還させ、これが決勝点となった。これで昨秋に続き、名門を撃破。「平安に勝たないと夏はない。接戦を勝ち切れたので、夏までにいい経験ができた」と胸を張った。

出典 スポニチ

 

 

上野響平選手は、守備に自信を持つ小柄なショート。

 

監督からは、京都国際高校OBの曽根海成選手(現 広島) より守備が全然うまいと称賛されています。

Sponsored Links

最後に

上野響平選手は、高卒プロ入りを狙っているそうですが、打撃をもう少し向上させることが、ドラフト指名への近道でしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links