Sponsored Links

常総学院高校時代にU-18代表に選出された法政大学の宇草孔基選手ですが、大学3年の秋のシーズンで、ようやくレギュラーとなりました。

 

2019年はドラフト候補として、飛躍が期待されます。

 

今回は、法政大学の宇草孔基選手に注目しました。

宇草孔基選手のプロフィール

出典 https://yakyutaro.jp/

 

宇草孔基(うぐさ こうき)選手は、1997年4月17日生まれの21歳。

 

東京都墨田区出身。

 

身長185cm、体重81㎏、右投げ左打ち。

 

宇草孔基選手は、墨田区立第二寺島小学校1年生の時に野球を始め、墨田区立向島中学校時代は墨田シニアでプレー。

 

中学校卒業後、宇草孔基選手は常総学院高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

1年秋の関東大会1回戦の習志野高校戦で、1番ライトで出場して、3打数2安打1打点をマーク!(試合は2対8で敗戦)

 

翌2年夏の茨城大会では、3回戦の土浦日大高校戦で代打で出場してスリーランを放ち、4回戦の守谷高校戦では7番レフトで先発して4打数1安打1打点、準々決勝の牛久高校戦では2番レフトで出場して4打数2安打と活躍しましたが、準決勝の藤代高校戦では、宇草孔基選手は途中から出場して2打数ノーヒットに終わり、試合も1対5で敗れています。

 

2年秋の茨城大会では、1番セカンドで出場して、準決勝の土浦湖北高校戦で3打数2安打、決勝の明秀日立高校戦で4打数1安打を記録し、常総学院高校の茨城大会優勝に貢献!

 

続く秋季関東大会では、1回戦の佐野日大高校戦で2打数ノーヒット1盗塁、2回戦の平塚学園高校戦で5打数3安打、準決勝の木更津総合高校戦で3打数1安打と活躍!(準決勝は3対4で敗退)

 

翌3年春の選抜大会では、1回戦の米子北高校戦で5打数3安打1四死球1打点5盗塁、2回戦の今治西高校戦で4打数ノーヒット1四死球ながら、3盗塁を決め、俊足をアピール!

 

準々決勝の大阪桐蔭高校戦でも、4打数1安打1四死球1打点の成績を残しましたが、試合は3対5で敗れています。

 

3年夏の茨城大会では、2回戦の日立北高校戦で2打数ノーヒット、3回戦の取手松陽高校戦で3打数1安打、4回戦の東洋大牛久高校戦では3番セカンドで出場して3打数2安打と活躍しましたが、1対2で惜敗し、甲子園出場は叶いませんでした。

 

その後、宇草孔基選手はU-18代表に選出され、WBSC U-18ベースボールワールドカップに出場!

 

宇草孔基選手は7試合に出場し、11打数1安打2四死球1三振の成績を残しています

 

高校卒業後は、法政大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年春の東京大学との3回戦で代打で出場し、タイムリーヒットを放つ活躍を見せています。

 

その後、宇草孔基選手は3年春のシーズンまではあまり出場機会に恵まれませんでしたが、打撃フォームを変え、レギュラーを奪取!

常総学院高時代は侍ジャパンU-18代表に選出された実績を誇るが、法大で今春までレギュラー定着に至らずにいた。そこで青木久典監督は宇草に打撃フォームの改造を提案。これまでは俊足を生かそうとするがあまり、一塁側に傾く「走り打ち」のようになっていたが、これをやめさせ「しっかり振り切るように」変えた。また、これまでは足を上げてタイミングを取っていたが、すり足に変えて、より確率を上げられるように取り組んだ。

改造当初はタイミングが上手く取れず、ボールに差し込まれてファウルになってしまうことも多かったが、「決めたことは貫こう」と覚悟を決めた。すると夏のオープン戦で対左投手にも結果を残せるようになり、「1番・左翼手」の定位置を獲得。

出典 BASEBALLGATE

 

宇草孔基選手は、3年秋のシーズンで、57打数19安打、2本塁打、打点7、盗塁6、打率.333の好成績をマーク!

 

宇草孔基選手は、全国大会には3年秋の明治神宮野球大会に出場し、1回戦の環太平洋大学戦で1番レフトで起用され、5打数1安打。

 

Sponsored Links

 

宇草孔基選手は、50m走6秒0、遠投110mの俊足強肩の身体能力の高い外野手。

 

宇草孔基選手の動画はコチラ

最後に

3年秋のシーズンでレギュラーを勝ち取った宇草孔基選手ですが、ドラフト候補としては、実績がまだ少ないでしょう。

 

4年春・秋のシーズンで俊足をアピールして、プロ野球への扉を開けてほしいですね。

Sponsored Links