桐蔭横浜大学の渡部健人選手は、日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフ!

 

高校時代はショートをこなし、動ける大型選手として注目されていました。

 

今回は、桐蔭横浜大学のドラフト候補・渡部健人選手に注目しました。

Sponsored Links

渡部健人選のプロフィール

渡部健人(わたなべ けんと)選手は、1998年12月26日生まれの20歳。

 

神奈川県横浜市出身。

 

身長175cm、体重113㎏、右投げ右打ち。

 

渡部健人選手は、小学校1年から野球を始め、横浜市立上白根中学校時代は中本牧シニアでショートとしてプレー。

 

中学校卒業後は横浜商大高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年夏の神奈川大会では6番セカンドで出場し、1回戦の横浜隼人高校戦で4打数1安打を記録しましたが、試合は9回サヨナラで敗れています。

 

その後、渡部健人選手は右足甲の疲労骨折の怪我があり、家庭の事情などの理由で、1年の2月に日本ウェルネス高校に転校!

 

その後、1年間の出場停止期間を経て、3年春の東京大会で復帰!

 

3年夏の東東京大会では4番ショートで出場し、3回戦の東京成徳大高校戦で4打数1安打1打点、4回戦の独協高校戦で2打席連続本塁打で4打点を稼ぐ活躍を見せました。

5回1死走者なし。「来た球を打ちました」と、抜けたスライダーに反応した。試合用のバットは練習より250グラム軽い950グラム。「試合用はカラーバットみたいな感じ」と鋭いスイングで振り抜き、左中間の最も深い場所へ刺した。

続く6回は2ランだ。直球を引っ張り左翼席中段付近へ“おかわり”した。「神宮で打ちたかったからうれしい」と満面の笑みだ。

出典 日刊スポーツ

 

しかし、続く5回戦の帝京高校戦では4打数1安打を記録しましたが、試合は1対4で敗れています。

 

その後、渡部健人選手はプロ志望届を提出しましたが、ドラフトでの指名はなく、桐蔭横浜大学に進学!

 

桐蔭横浜大学では1年春からリーグ戦に出場し、2年春のリーグ戦では40打数14安打、3本塁打、10打点、8四死球、3三振、2盗塁、打率.438の好成績を残し、ファーストでベストナインに輝いています。

 

渡部健人選手は全国大会には、1年春と3年春の全日本大学野球選手権大会に出場!

 

1年春の全日本大学野球選手権大会では4番ファーストで出場し、1回戦の帝京大学戦で4打数2安打2三振1打点、2回戦の東海大北海道キャンパス戦で4打数ノーヒット1三振の成績を残しています。(試合は3対4で敗戦)

 

3年春の全日本大学野球選手権大会は6番サードで出場し、1回戦の中京学院大学戦でソロ本塁打を放つ活躍をしています。

桐蔭横浜大の6番三塁、渡部健人内野手(3年=日本ウェルネス)は身長175センチ、体重113キロ。ずんぐり、がっしり体形で「中学の頃から、こんなでした」。見せ場は、3-3の6回に来た。2死から逆方向の右中間へ、一時勝ち越しのソロをぶっ放した。「(相手投手が)サイドだったので、逆方向を意識しました」と強引にならず、素直にバットを出した。それでも、最深部へ届くパワーを見せつけた。

出典 日刊スポーツ

 

 

渡部健人選手は、高校通算25本塁打、大学通算9本塁打の強打の内野手。

 

大型選手ながら、高校時代はショートとセカンド、大学でファーストとサードをこなしていることから、案外器用な選手なのでしょうね

 

また、50m走は6秒4と意外に速く、リーグ戦でも盗塁の実績があります。

 

渡部健人選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

渡部健人選手は、勝俣翔貴選手佐藤輝明選手らとともに、侍ジャパン大学日本代表候補となっている選手です。

 

守備を鍛えて、打力に確実性が付いてくれば、おのずとドラフトでの評価も高まってくるでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links