神奈川県の高校生で、2019年ドラフト候補として注目されているのが、三浦学苑高校の渡邉倫太朗投手!

 

身長182cm、体重80㎏のバランスのとれた体型から投げ込むストレートは最速141キロです。

 

今回は、三浦学苑高校の渡邉倫太朗投手に注目しました。

Sponsored Links

渡邉倫太朗投手のプロフィール

渡邉倫太朗(わたなべ りんたろう)投手は、神奈川県茅ケ崎市出身の投手。

 

身長182cm、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

渡邉倫太朗投手は、茅ヶ崎市立東海岸小学校から軟式の東海岸さざなみで野球を始め、茅ヶ崎第一中学校時代は湘南ボーイズに所属し、中学校3年生の時にジャイアンツカップの優勝メンバーとなっています。

 

中学校卒業後、渡邉倫太朗投手は三浦学苑高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年夏の神奈川大会4回戦の伊志田高校戦で2番手で登板して1.1回をノーヒットに抑え、5回戦の慶應高校戦でも2番手登板し、3回ノーヒット2三振を奪う好投を見せました。(試合は2対5で敗戦)

 

1年秋は初戦で横浜高校に大敗、2年春も初戦で藤沢翔陵高校に2対4で敗れた三浦学苑高校でしたが、2年夏は4回戦まで進出!

 

渡邉倫太朗投手は、2回戦の神奈川商工戦で先発して4回1安打無失点、3回戦の保土ヶ谷高校戦で3番手で登板して2回3安打1失点、4回戦の立花学園高校戦で9回7安打9奪三振5四死球4失点で完投。(試合は4対5で敗戦)

 

2年秋は初戦で強豪の横浜高校と対戦し、0対14で大敗しています。

 

 

渡邉倫太朗投手は、最速141キロの直球にスライダー、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜる本格派右腕。

 

長身から放たれる直球の質が良いと注目されています。

 

渡邉倫太朗投手の動画はコチラ

渡邉倫太朗投手のいとこは渡辺諒!

渡邉倫太朗投手のいとこは、2013年ドラフト会議で日本ハムからドラフト1位指名された渡邉諒選手です。

 

渡邉諒選手は、入団5年目となる2018年に、60試合出場し、打率.242ながら、本塁打7本、打点14を挙げた日本ハム期待の若手選手です。

 

渡邉諒選手は、高校通算39本塁打、50m走6秒1、遠投105mの強肩を持つ選手として、ドラフトの時には注目されていました。

 

渡邉倫太朗投手は、渡邉諒選手と比べると、まだ知名度は低いですが、素材としては期待できます。

Sponsored Links

最後に

渡邉倫太朗投手は、まだまだ速球のスピードも伸びていきそうな素材!

 

高校でドラフト指名があるかは分かりませんが、期待して見守りたいと思います。

Sponsored Links