今年の埼玉を代表するスラッガーといえば、花咲徳栄高校の井上朋也選手がドラフト候補として注目されていますが、昌平高校の渡邉翔大選手も高校通算43本塁打をマークする左のスラッガーです。

 

今回は、昌平高校のドラフト候補・渡邉翔大選手に注目してみました。

Sponsored Links

渡邉翔大選手のプロフィール

渡邉翔大(わたなべ しょうだい)選手は2002年6月27日生まれ。

 

埼玉県草加市出身。

 

身長178cm、体重80㎏、右投げ左打ち。

 

渡邉翔大選手は、二松学舎大付属高校でプレーしていた父親の影響で、草加市立高砂小学校1年生の時に高砂ヤンキースで投手として野球を始め、草加市立瀬崎中学校時代は草加ボーイズに所属し、中学2年生の時に全国大会に出場。

 

中学卒業後は昌平高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年夏の埼玉大会は4番ファーストで出場し、初戦の深谷高校戦で2打数2安打1打点、2回戦の春日部共栄高校戦で4打数3安打2打点、3回戦の久喜北陽高校戦で4打数2安打、4回戦の独協埼玉高校戦で4打数2安打、準々決勝の本庄東高校戦でスリーランと活躍しましたが、準決勝の上尾高校戦では4打数ノーヒットに終わり、試合も敗れています。

 

2年夏の埼玉大会は4番レフトで出場し、2回戦の越谷南高校戦で1打数1安打、3回戦の草加東高校戦で本塁打を含む3打数2安打2四死球1打点2盗塁をマーク!

埼玉大会3回戦で、昌平(しょうへい)が草加東に17-0の五回コールド勝ち。4番・渡辺翔大外野手(2年)が二回に右翼場外へ特大のソロを放ち、大勝に導いた。

「狙っていました。2ボールで自分に優位なカウントだったので、思いっ切り振りました」

1年生の3番・吉野創が3ランを放つと、続く2年生の4番・渡辺が特大弾。後輩との2者連続アーチに、会心の笑みを浮かべた。

2年生ながら高校通算本塁打は31本目。来年のドラフトに向けて期待が高まる長距離砲だ。吉野創とは寮が同部屋で「(吉野創が)打つと、やってやろうと思う」と刺激し合う間柄。この日も三回を終えたグラウンド整備中に、渡辺が吉野創に「相手投手の配球」について助言。1年生の大砲の2本塁打目を“アシスト”した。

出典 サンスポ

 

続く、4回戦の坂戸高校戦で4打数ノーヒット、5回戦の聖望学園高校戦で4打数2安打1打点をマークしましたが、準々決勝の春日部共栄高校戦では村田賢一投手に3打数ノーヒットに抑えられ、試合も米山魁乙投手ら投手陣が打たれ、3対6で敗退しています。

 

 

渡邉翔大選手は、高校通算43本塁打をマークする左の強打者。

 

下半身主導の打撃となり、脚力もあることから、プロ志望届を提出すれば、ドラフトでも注目される存在になるでしょうね。

最後に

新型コロナの影響で、夏の地方大会と甲子園大会が中止となりましたが、埼玉県でも代替大会実施に向けて動きがあるようです。

 

アピールする場が少なくなりましたが、代替大会が実施されるのであれば、渡邉翔大選手もドラフト候補として頑張ってほしいですね。

Sponsored Links