12月25日から12月31日の間、オーストラリアに遠征して、オーストラリアとアメリカのU-18と対戦する愛知選抜メンバーに選出された愛知県立西尾東高校の山田紘太郎投手!

 

山田紘太郎投手は、2019年ドラフト候補としても注目されているようです。

 

今回は、愛知選抜メンバーに選出された山田紘太郎投手に注目してみました。

Sponsored Links

山田紘太郎投手のプロフィール

山田紘太郎(やまだ こうたろう)投手は、愛知県岡崎市出身の右腕投手。

 

身長184cm、体重77㎏、右投げ右打ち。

 

山田紘太郎投手は、岡崎市立恵田小学校1年から野球を始め、岡崎市立岩津中学校では軟式野球部でプレーしていました。

 

中学校卒業後は、愛知県立西尾東高校に進学。

 

2年夏の東愛知大会2回戦の新城高校戦で2番手で登板して0.2回ノーヒット2奪三振無失点、3回戦の豊橋東高校戦で2番手で登板して5.1回6安打2四死球1奪三振2失点、準々決勝の豊橋中央高校戦で2番手で登板して4回2安打5四死球4奪三振2失点、決勝の愛産大三河高校戦で2番手で登板して1回ノーヒット無失点の成績を残しましたが、決勝戦で相手投手に抑えられ、1対3で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

2年秋の愛知大会からはエースとなり、3回戦の享栄高校戦では初回に1点を失うものの1失点完投勝利、準々決勝の至学館高校戦では11三振を奪う好投を見せて1失点完投と強豪校相手に好投を見せましたが、準決勝の東邦高校戦では先発しましたが、相手打線に打ち込まれ途中降板し、試合も3対14で敗れています。

 

また、3位決定戦の中部大春日丘高校戦でも、先発しましたが、この試合でも打たれ、試合も20対23で敗れています。

山田紘太郎投手は、しなやかな投球フォームから最速144キロの直球と縦のスライダー、カーブ、チェンジアップの変化球を織り交ぜる右腕投手。

 

山田紘太郎投手は、現在でも愛知選抜に入っていますが、冬場のトレーニング次第でドラフト候補としての評価も高まりそうです。

 

山田紘太郎投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

山田紘太郎投手はイケメンとしても知られています。

 

また、誠実な対応で、応援したくなる選手のようです。

 

成長を期待したいですね。

Sponsored Links