開星高校からは、2019年ドラフト会議で、田部隼人選手がDeNAからドラフト5位で指名されましたが、2020年ドラフトでも山本大斗選手が注目されています。

 

山本大斗選手は、高校通算21本塁打を放つ右のスラッガーです。

 

今回は、開星高校のドラフト候補・山本大斗選手に注目しました。

Sponsored Links

山本大斗選手のプロフィール

山本大斗(やまもと だいと)選手は、鳥取県米子市出身。

 

身長183cm、体重88㎏、右投げ右打ち。

 

山本大斗選手は、米子市立東山中学校 時代は米子ボーイズでプレー。

 

中学卒業後は開星高校に入学し、1年からベンチ入り。

 

1年秋の島根大会3位決定戦の矢上高校戦では、途中から出場し2打数2安打3打点の活躍!

 

続く、1年秋の中国大会では5番センターで起用され、初戦の米子東高校戦で5打数3安打をマークしましたが、打撃戦の末、惜敗しています。

 

2年夏の島根大会は3番ライトで出場し、初戦の大田高校戦で5打数3安打2打点、3回戦の松江農林高校戦で3打数1安打1四死球1打点、準々決勝の浜田高校戦で4打数1安打、準決勝の出雲高校戦で本塁打を含む4打数4安打2四死球2打点、決勝の石見智翠館高校戦で6打数1安打1四死球と活躍しましたが、決勝は7対8で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

2年秋の島根大会は、準々決勝で平田高校に惜敗。

 

3年夏の島根代替大会は、2回戦の松江南高校戦で、5球団のスカウトが視察する中、2本塁打を含む4打数4安打7打点と爆発!

今秋ドラフト候補の開星・山本大斗外野手(3年)が、プロ5球団の前で2本塁打を含む4打数4安打7打点と大暴れした。

1回無死一、二塁で内角球を捉え、左中間へ先制の2点適時二塁打。「最近引っ張った安打がなかったので安心した」ときっかけの1打とすると、3回には右翼へ流してソロ、4回には左翼へ特大の3ラン、5回にも右前へ適時打を放ち、チーム13点中7点を稼いだ。

出典 日刊スポーツ

 

 

山本大斗選手は、右方向へも長打が打てる高校通算21本塁打の強打者。

 

強肩の外野手としても評価されています。

山本大斗選手のスカウト評

阪神・山本スカウト(2020/7/18付)

「詰まっても右へ持っていく。いいパワーをしている」

 

ロッテ・黒木スカウト(2020/7/18付)

「試合で打てるのは(運を)持っている」

 

中日・野本スカウト(2020/7/18付)

「右方向に大きいのを打てるのが魅力」

最後に

山本大斗選手は、進路は高卒プロ入りを目指しているようですが、松江南高校戦はいいアピールになったと思います。

 

ドラフトで指名されるといいですね。

Sponsored Links