武蔵府中シニア時代から世代NO.1右腕として注目されていた山村崇嘉選手!

 

東海大相模高校入学後は、4番打者として本塁打を量産しており、2020年ドラフト候補として要注目の選手となっています。

 

今回は、東海大相模高校のスラッガー・山村崇嘉選手に注目しました。

Sponsored Links

山村崇嘉選手のプロフィール

山村崇嘉(やまむら たかよし)選手は2002年9月28日生まれの16歳。

 

神奈川県出身。

 

身長178cm、体重80㎏、右投げ左打ち。

 

山村崇嘉選手は、武蔵府中リトルでプレーしていた小学生の頃から、ストレートが107キロをマークするなど注目された存在でした。

 

東海大相模中学校の時は武蔵府中シニアでプレーし、中学1年生の時にリトルシニア日本選手権大会(ベスト8)、中学3年生の時にもリトルシニア日本選手権大会(ベスト8)に出場し、輝かしい成績を残しています。

 

また、山村崇嘉選手は中学3年生の時に、MCYSA全米選手権大会日本代表とU-15アジアチャレンジマッチ日本代表に選出!

 

U-15アジアチャレンジマッチでは、オーストラリア戦で先発して3回2安打1死球3奪三振1失点、チャイニーズ・タイペイ戦では5番ファーストで出場して5打数1安打1打点の活躍を見せ、日本の優勝に貢献しています。

 

中学校卒業後は東海大相模高校に進学し、1年夏の北神奈川大会でベンチ入り。

 

1年夏の北神奈川大会では、4回戦の神奈川工業高校戦で4番手で登板して、0.1回をノーヒット1四死球1奪三振無失点の成績を残しています。

 

1年秋の神奈川大会では4番ファーストで出場しましたが、準々決勝で横浜高校に敗れています。

 

2年春の神奈川大会では、3回戦の湘南台高校戦で先発して相手打線に得点を許さないピッチングを披露し、4回戦の日大藤沢高校戦では逆転ツーランを放つ活躍をしましたが、準決勝の鎌倉学園高校戦では3打数ノーヒット、決勝の桐光学園高校戦では4打数ノーヒットに終わっています。(試合は6対2で勝利)

 

 

山村崇嘉選手は、高校通算30本塁打を誇る強打に加え、最速139キロの速球に切れ味鋭いスライダーなどを織り交ぜる本格派右腕としても登板する二刀流選手。

 

山村崇嘉選手の動画はコチラ

Sponsored Links

ピラミッド・ダービーに出演!

山村崇嘉選手は、2017年5月28日に放送されたTBS「ピラミッド・ダービー」で、「中学生チームvs元プロ野球選手3イニングの勝負」という企画に出演し、元西武のG.G.佐藤選手らを相手に0点に抑えるピッチングを披露しています。

最後に

二刀流選手として活躍している山村崇嘉選手ですが、強打だけでなく広角に打てるバッティングは魅力たっぷりで、将来性でいえば、間違いなく野手でしょう。

 

2020年を代表するドラフト候補として、同じ東海大相模高校の西川僚祐選手とともに頑張ってほしいですね。

Sponsored Links