東海大学の山崎伊織投手が、侍ジャパン大学代表入りを果たしたようですね。

 

参加していた侍ジャパン大学日本代表選考合宿の紅白戦で、5者連続三振に抑えるなど奪三振能力に監督も期待しているそうです。

 

スカウトからは、来年のドラフト上位候補の声も出ているそうですよ!

 

今回は、侍ジャパン大学代表入りを果たした東海大学の山崎伊織投手に注目しました。

Sponsored Links

山崎伊織投手のプロフィール

山崎伊織(やまさき いおり)投手は兵庫県明石市出身。

 

身長181cm、体重70㎏、右投げ左打ち。

 

山崎伊織投手は、明石市立人丸小学校時代は人丸ウイングスでプレーし、明石市立大蔵中学校の時は明石ボーイズに所属していました。

 

中学校卒業後は明石商業高校に入学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年夏の兵庫大会では、1回戦の自由ケ丘高校戦に2番手で登板して1回ノーヒット2四死球1奪三振無失点、3回戦の明石西高校戦に先発して9回4安打1四死球9奪三振完封、決勝の滝川二高戦に3番手で登板して1回ノーヒット2奪三振無失点と好投しましたが、試合は2対8で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

2年秋の兵庫大会決勝で、明石商業高校は報徳学園を破り、近畿大会に出場!

 

しかし、山崎伊織投手は近畿大会3試合での登板はなく、翌3年春に明石商業高校が出場した選抜大会でも登板は叶いませんでした。

 

3年春の兵庫大会は、3回戦の神港学園高校戦に2番手で登板して5回2失点、準々決勝の市川高校戦で9回完封、決勝の報徳学園高校戦で9回3安打2四死球8奪三振完封し、明石商業高校の優勝に貢献!

 

続く、3年春の近畿大会では、山崎伊織投手はひじ痛のため、ベンチから外れ、試合も準決勝で村上頌樹投手に完封を許し、敗れています。

 

3年夏の兵庫大会は1番外野手として出場し、2回戦の市神港・神港橘高校戦で4打数2安打、3回戦の関西学院高校戦で5打数3安打、4回戦の高砂高校戦で本塁打を含む3打数2安打2打点、5回戦の北条高校戦で5打数1安打、準々決勝の神戸国際大付属高校戦で4打数3安打と活躍し、準決勝の神港学園高校戦では4打数ノーヒットに終わりましたが、決勝の市立尼崎高校戦では、打者として3打数1安打、投手として3番手で登板して1回1安打無失点を記録しています。(試合は2対3で惜敗)

 

山崎伊織投手は、高校時代に最速148キロの速球を投げる投手として注目されましたが、プロ志望届を提出せずに東海大学に進学!

 

東海大学では、2年春からリーグ戦に出場し、2年春のリーグ戦では26.2回で3勝0敗、防御率0.68をマーク!

 

3年春は、5試合に登板して、29回で3勝1敗、防御率2.17の成績を残し、初のMVPに輝いています。

 

山崎伊織投手は、全国大会には3年春の全日本大学野球選手権大会に出場し、1回戦の立命館大学戦では先発して6.1回5安打3四死球8奪三振3失点、準々決勝の大阪商業大学戦で2番手で登板して4回2安打2四死球7奪三振無失点、準決勝の佛教大学戦に先発して4.2回を7安打1四死球3奪三振2失点の成績を残しています。(準決勝は4対6で敗戦)

 

また、6月に行われた侍ジャパン大学日本代表選考合宿最終日の紅白戦では、先発して2回をノーヒット5者連続三振に仕留め、代表入りを獲得しました。

侍ジャパン大学日本代表に新守護神候補が誕生した。日米大学選手権の代表選考合宿最終日。紅白戦に先発した東海大・山崎伊織投手(3年=明石商)は2回を完璧に抑えた。

初回先頭から5者連続、全て空振りで三振。直球を振らせ、最後は「一番自信がある」カットボールで空を切らせた。「追い込んでからは三振を狙いました。持ち味はアピールできました」と納得できた。初の代表入りをゲットした。

生田監督は「三振は打球が飛ばない。魔法のボール」と選考にあたり、奪三振能力を重視。合宿初日の測定で、山崎のボールは三振を奪える高い数値を示していた。実戦でデータを実証した。現時点の構想では苫小牧駒大・伊藤が抑えだが「状態を見極めて。山崎君も抑えか、中継ぎで」と、指揮官の期待は大きい。

出典 日刊スポーツ

 

 

山崎伊織投手は、最速153キロの直球にスライダー、シュート、ツーシーム、チェンジアップを織り交ぜるスリークォーター投手。

 

山崎伊織投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

東海大学の山崎伊織投手、順調に成長していますね。

 

今回、侍ジャパン大学代表になったことで、さらに成長が期待できそうです。

 

2020年のドラフト候補として、頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links