石見智翠館高校の山崎琢磨投手は、がっしりした体格から最速143キロをマークするドラフト候補右腕!

 

3年春は右肩痛のため登板できませんでしたが、故障が癒えた3年夏の島根大会は4試合を無失点に抑えるピッチングを披露し、決勝の大社高校戦ではノーヒットノーランを達成しています。

 

今回は、石見智翠館高校のドラフト候補・山崎琢磨投手について調べてみました。

Sponsored Links

山崎琢磨投手のプロフィール

山崎琢磨(やまさき たくま)投手は大阪府大東市出身。

 

身長185cm、体重90㎏、右投げ左打ち。

 

山崎琢磨投手は大東市立住道中学校時代は門真ビッグドリームスでプレー。

 

中学卒業後は石見智翠館高校に入学。

 

2年秋の島根大会決勝の浜田高校戦では、投手として9回8安打無四死球7奪三振完封、2番打者として本塁打を含む5打数3安打1打点1盗塁を記録し、島根大会優勝を牽引!

 

しかし、続く2年秋の中国大会では、初戦の岡山学芸館高校戦に先発したものの、4.2回で6安打2奪三振3失点と崩れ、3番手として再びマウンドに上がった時も2回1安打2四死球1奪三振2失点と結果を残せず、初戦で敗退しています。

 

その後、山崎琢磨投手は右肩痛を発症し、3年春の島根大会は野手として出場しましたが、準々決勝で矢上高校に6回コールドで敗れています。

 

3年夏の島根大会は、初戦の松江北高校戦で先発して4回2安打2四死球6奪三振無失点、5番打者として3打数2安打2四死球1打点、3回戦の開星高校戦で先発して5回2安打3四死球4奪三振無失点、5番打者として4打数2安打、準々決勝の三刀屋高校戦に5番レフトで出場して3打数1安打2四死球2打点、準決勝の浜田高校戦で先発して5回2安打2四死球3奪三振無失点、5番打者として3打数1安打1四死球の成績を残し、決勝の大社高校戦では、5番打者として4打数2安打、投手として15三振を奪い、相手に2四死球を与えただけのノーヒットノーランを達成し、石見智翠館高校の甲子園出場に貢献!

石見智翠館の山崎琢磨が決勝の舞台でノーヒットノーランを達成し、2大会連続11度目の甲子園へ導いた。
「バッターと勝負して、捕手としっかり配球できた。やってきたことが結果に出て、うれしい」

初回1死からの5者連続など4回まで毎回9奪三振。5回には自ら右前適時打を放ち、さらに勢いづいた。許した走者は3、8回に2死から与えた四球の2人だけ。ともに後続を断ち、二塁さえ踏ませなかった。121球で15奪三振の快投。末光章朗監督は絶賛を惜しまない。

「試合前に“今日が覚醒する日だ”と声をかけた。狙ってできることじゃない。100点でしょ。冬場に故障して、大会前の練習試合でも思うような投球ができなかった。今までで一番良かった」

出典 スポニチ

 

山崎琢磨投手は、最速143キロの直球にスライダー、チェンジアップ、カーブなどの変化球を織り交ぜる右腕投手。

 

山崎琢磨投手の動画はコチラ

最後に

山崎琢磨投手は右肩痛で投げられなかった時も腐らずに、フォームを見直したり、下半身を鍛えていたようですね。

 

ドラフト候補として、甲子園という大舞台でアピールしてほしいですね。

Sponsored Links