法政大学の安本竜二選手が、5試合連続本塁打を打っているようですね。

 

昨年までは、大学ではあまり目立った成績を挙げていませんでしたが、監督が変わった途端に、この活躍はビックリですね。

 

このまま活躍が続けば、ドラフト候補としても注目されるでしょう。

 

今回は、法政大学の安本竜二選手に注目しました。

Sponsored Links

安本竜二選手のプロフィール

安本竜二(やすもと りゅうじ)選手は、1997年5月28日生まれの21歳。

 

静岡県静岡市出身。

 

身長180cm、85㎏、右投げ右打ち。

 

安本竜二選手は、静岡市立田町小学校2年から野球を始め、静岡市立安倍川中学校時代は軟式野球部でプレー。

 

中学校卒業後は静岡高校に進み、1年秋からライトでレギュラーを獲得し、2年春からショートに転向!

 

2年夏の静岡大会では、初戦の駿河総合高校戦で6打数3安打、引き分けとなり再試合となった駿河総合高校戦で3打数2安打2打点、3回戦の静清高校戦で3打数1安打、4回戦の富士東高校戦で4打数2安打2打点、準々決勝の掛川東高校戦で3打数1安打、準決勝の常葉橘高校戦で4打数1安打2打点、決勝の掛川西高校戦で3打数ノーヒットながら1打点を挙げる活躍を見せ、静岡高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会では、5番ショートで出場し、初戦の星稜高校戦で3打数2安打1打点をマークしましたが、試合は4対5で敗れています。

 

 

2年秋の静岡大会では、決勝で浜松修学舎高校に打ち勝ち、東海大会に出場!

 

2年秋の東海大会では、初戦の土岐商業高校戦では2本塁打を含む4安打4打点、準決勝の日大三島高校戦で本塁打を含む3安打3打点の活躍を見せ、決勝の県岐阜商業高校戦ではノーヒットに終わったものの、東海大会優勝を牽引しました。

 

翌3年春の選抜大会では、初戦の立命館宇治高校戦で3打数ノーヒット1失策、2回戦の木更津総合高校戦で4打数1安打1打点1失策、準々決勝の敦賀気比高校戦で4打数1安打1失策と攻守に精彩を欠き、試合も9回サヨナラで敗れています。

 

3年夏の静岡大会では5番サードで出場し、準々決勝の三島南高校戦で本塁打を含む2安打5打点、決勝の飛龍高校戦でも5打数2安打の活躍を見せ、優勝に尽力しました。

 

続く、3年夏の甲子園大会では、初戦で東海大甲府高校戦と対戦し、安本竜二選手は4打数1安打1打点の成績を残しましたが、試合は乱打戦で7対8で敗れています。

 

安本竜二選手は、高校卒業後に法政大学に進学し、2年春のリーグ戦でデビュー!

 

3年春のリーグ戦では、規定打席不足ながら、6試合に出場して18打数7安打、4打点、打率.389の成績を残しましたが、3年秋のリーグ戦では4試合の出場にとどまり、3打数ノーヒットと結果を残すことができませんでした。

 

4年春のリーグ戦から出場機会に恵まれるようになり、サードで出場して、慶応大学との1回戦から5試合連続本塁打を放つ活躍を見せています。

法大・安本竜二内野手(4年)は立大戦に「3番・三塁」で出場し、5回に5戦連続本塁打となる左中間2ラン。17年に慶大・岩見雅紀(楽天)が樹立したリーグ記録に並んだ。試合は立大に5―9で敗れ、勝ち点を落とした。

安本は無心だった。2点を追う5回2死二塁。甘く入った直球を振り抜くと、打球は左中間席に吸い込まれた。リーグタイ記録の5戦連続本塁打。スタンドはどよめき、ベンチは沸き立った。

「(記録を)意識することなく打席に入れた結果。精神的に強くなれていると思う」

1メートル80、85キロ。屈強な体格を誇る右の強打者だ。静岡高では通算15本塁打を放ち、5番打者として堀内(楽天)らと2年夏から3季連続で甲子園に出場したが、法大進学後は2年春にリーグ戦デビューも、昨秋までは、わずか11試合出場で本塁打はなかった。

これまでも「結果を出してやろう」と考えていたが、最終学年を迎え、「腹をくくってやる」と覚悟を決めた。静岡から応援に駆けつける両親らの支え、同級生の活躍も励みになった。「良いプレーをすることが恩返し」と奮起し、4月27日の慶大戦から一気に駆け上がった。

17年秋に慶大・岩見が5戦連発したときは「えぐい」と感じたが、その記録に並んだ。「自分でも正直びっくりだけど、もっとやれる気がする。自分にワクワクしている」。チームは連敗で勝ち点を落とし「なんとか勝ちたい」と切実な表情も浮かべるが、今年の結果次第では、「プロ」という夢を切り開くこともできる。チームのためにも、自分のためにも、安本はバットを振り続ける。

出典 スポニチ

 

安本竜二選手は、高校通算15本塁打、大学通算5本塁打の強打の内野手。

 

遠投110m、50m走6秒2の強肩俊足の選手ですが、大学での実績はまだ少ないですね。

 

安本竜二選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

安本竜二選手は、大学3年まで出場機会に恵まれておらず、実質4年春から活躍し始めた選手です。

 

ただし、5試合連続本塁打を放つ長打力は魅力がありますし、サードとショートを守れるというのは、ドラフト候補として有利でしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links