今秋ドラフト1位候補として、NPB球団スカウトから注目されていたパナソニックの吉川峻平投手が、来年から米大リーグに挑戦することを決断したとデイリースポーツが報じています。

 

これが本当ならば、NPB球団スカウトはガッカリでしょうね。

 

そして、社会人投手の吉川峻平投手の米大リーグ入りが決まったら、田沢純一投手のように海外球団を退団した後、2年間はNPB球団でプレーできません。

 

今回は、直接米大リーグ入りを決断したといわれる吉川峻平投手に注目しました。

Sponsored Links

吉川峻平投手のプロフィール

吉川峻平(よしかわ しゅんぺい)投手は、1995年1月24日生まれの23歳。

 

大阪府吹田市出身。

 

身長185㎝、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

佐竹台小学校1年の時に佐竹台ストロングアローで野球を始め、高野台中学校時代は千里山ボーイズでプレー。

 

関西大北陽高校では1年秋からベンチ入りし、2年夏に内野手から投手に変更しています。

 

3年夏は主将として、大阪大会ベスト16入りに貢献しています。

 

関西大学では1年春からリーグ戦に登板し、3年春の京都大学戦では初先発初完封。

 

その京都大学戦で初完封した後、頭角をあらわし、4年生の時には大学日本代表に選ばれ、日米大学選手権に出場しています。

関大北陽2年秋から投手となり「何か決め球を持ちたい」と変化球に取り組んだ。フォークボールは使いものにならず、たどりついたのがシンカーだった。関大4年時には阪急で活躍した関大OBの山口高志氏から「左手の使い方が大事やぞ」とアドバイスを受け急成長。

出典 スポニチ

 

大学通算では5勝6敗、防御率1.92。

 

関西大学卒業後はパナソニックに進み、1年目から主戦ピッチャーとして登板。

 

2017年都市対抗1回戦の三菱自動車岡崎では14奪三振2失点で完投勝利、同じく2017年の日本選手権の2回戦の日立製作所戦では11奪三振で完封しています。

 

2018年4月に行われた社会人野球京都大会初日のJR西日本戦では、ネット裏に11球団30人超のスカウトが集まる中先発し、7.2回を8奪三振被安打4無失点の力投で、スカウトの期待に応えています。

新生・パナソニックを引っ張ったのはエースの吉川だった。圧巻は2回2死二塁の場面。春原を内角高め147キロ直球で三邪飛に仕留めた。序盤こそ四球が目立ったものの、中盤からカットボールやスライダーを多めに配してスコアボードに0を並べた。入社2年目の今季。宝刀のシンカーだけには頼らない新境地を披露した。

出典 スポニチ

 

吉川峻平投手は、最速148キロの速球と宝刀のシンカーを武器にする奪三振率の高いスリークォーターの投手です。

 

変化球はシンカーの他、カットボール、スライダー、カーブを投げるようです。

 

吉川峻平投手の動画はコチラ

スカウト評

阪神・畑山俊二チーフアマスカウト(4/27付)

「調子が良くない中、崩れることなく踏ん張った。カットボールを使って投球の幅も広がった」

 

巨人・岡崎スカウト部長(4/27付)

「トップクラス。投手では(ドラフト候補の上位)10人に入る」

 

オリックス・内匠政博スカウト(4/30付)

「これからもっと調子を上げてくるんじゃないかな」

 

Sponsored Links

最後に

ドラフト1位候補の吉川峻平投手がメジャー挑戦を打ち出したことで、ドラフトでは高校生に人気が集中しそうですね。

 

吉川峻平投手も直接メジャーを目指すなら、頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links